カテゴリ:NAOFISH( 3 )

サンシャイン国際水族館3 サンゴ礁が危ないの巻

今朝はパソコンの機嫌が良いみたいなので今のうちに・・・

1階フロアを入ってすぐ左側にはサンシャインサンゴ礁水槽があります。砂や岩が水をきれいにする自然浄化作用を再現しているそうです。大きな水槽で、ここには何十種類もの美しいお魚が棲んでいました。
f0178313_823893.jpg

こちらはニシキアナゴです。

普段は砂の中に潜っていますが、時々ニョロっと顔を出して流れてくる動物プランクトンを食べています。なんてかわいらしいんでしょう。



このような美しいお魚が棲むサンゴ礁の減少が近年問題になっています。2007年には沖縄のサンゴ礁の白化現象(後述)が騒がれていましたね。
そこで、サンシャイン国際水族館では環境問題を意識して、珊瑚の保護や育成にも力を入れているそうです。その活動の一環として、沖縄県恩納村から借りてきた珊瑚を移植育成し、成長した珊瑚を沖縄の海に返しているそうです。


サンゴ礁を減らしてしまう要因は以下のようなものです。

①地球温暖化(白化現象)
サンゴは褐虫藻という藻類を共生させ、光合成をさせることにより栄養を得ているのですが、海水の温度が30℃以上になるとこの褐虫藻を保持できなくなり、栄養が取れなくなります。褐虫藻がサンゴから抜けてしまうと、サンゴから色が抜けて、石灰質から成る骨格の白色ばかりが目立つようになります。これを白化現象と言いますが、このような状態が長期間続くことによりサンゴは死んでしまうのです。

②オニヒトデの発生
f0178313_8463660.jpgオニヒトデの大発生によるサンゴの減少も近年問題になっています。サンゴの上に覆い被さりサンゴを食べてしまうのです。困ったことに、このトゲトゲには毒があり、駆除が難しくなかなか数が減らないのだそうです。オニヒトデの大発生については、自然の長期サイクルによるとする説と、人間の環境破壊によるとする説があり、現状ではほとんど解明されていないようです。

③赤土の流出
赤土とは沖縄に見られる粒子の細かい赤茶色の土のことです。これが集中豪雨の度に海に流れこみ、海を濁らせてしまいます。そうすると、サンゴに光が当たらなくなるので、サンゴと共生する褐虫藻が光合成できなくなり、サンゴは栄養を取れなくなってしまうのです。また、それらがサンゴの上に堆積すると、サンゴは呼吸できなって死んでしまいます。かつては豊かな森が赤土の流出を食い止めていたのですが、土地の乱開発等により、赤土が海に流れ込むようになってしまいました。

④青酸カリ
高級食材としても有名なナポレオンフィッシュを漁獲するためにシアン化カリウム(青酸カリ)を使う業者がおり、そのためにインドネシアのサンゴ礁はボロボロになっているそうです。

う~ん、オニヒトデの駆除はできないか・・・こわいし
やっぱりまずはストップ温暖化!でしょうか。先日ボーカル仲間の藤田佐奈恵ちゃんがエコについて「出来ることからやっていきましょう!」と言っていました。本当にそうですよね。
私は環境問題についてまだまだ不勉強なので、その問題によっては態度を決められないようなこともたくさんあります。ただ、日々の暮らしの中でtoo muchなことを減らしていくくらいのことは出来そうです。こんなに美しいサンゴ礁を殺してしまうわけにはいきませんものね。


f0178313_9435240.jpg
←グレートバリアリーフを再現した水槽。
右上の方にピンク色に見えるのがハナゴイというお魚。とってもきれいでした。



f0178313_1035875.jpg


陰日性サンゴ。→
サンゴには褐虫藻を共生させ、光合成をする好日性サンゴと、光を必要としない陰日性サンゴがいます。陰日性サンゴは小さなプランクトンを捕らえて栄養を取っています。
[PR]

by adachi-naoko | 2008-07-17 10:29 | NAOFISH

サンシャイン国際水族館2 イヌザメの成長の巻

昨日は水族館1階部分の回遊水槽からドクウツボを紹介しました。みなさん意外とウツボ好きみたいだったので安心しました。

水族館の2階フロアは自然丸ごとフロアといって、熱帯雨林の生き物達や、沖縄やオーストラリア(グレートバリアリーフ)の水槽がありました。他にもいろいろある中で私が一番気になったのがイヌザメの水槽です。なんとイヌザメの卵と赤ちゃんまでいるではありませんか!


f0178313_2362392.jpgこちらがイヌザメの卵です。

写真ではわかりませんが、中で赤ちゃんが動いていました。感動っ!
3ヶ月くらいはこのまま成長を続けます。
この卵には粘着性の糸が生えていて、この糸を岩などに付着させ流されないようになっています。



                            そしてこの子が・・・


f0178313_23165778.jpgこうなります。

イヌザメの赤ちゃんです。可愛いでしょ~?

子供の頃にはくっきりした黒い縞模様がありますが、大人になるにつれ消えていきます。
体長は20cm弱くらいでした。生まれてから少し時間が経っているのかもしれません。



                            そしてこの子が更に・・・


f0178313_23342961.jpgこうなります。

縞模様が薄くなりました~。
この子もまだまだ小さいですね。
イヌザメは120cmくらいまで大きくなります。
かなり前のことですが、バリでダイビングした時に見たと思います。




イヌザメ
軟骨魚鋼
テンジクザメ目
テンジクザメ科
テンジクザメ属

英名は Broun banded cat shark
英語ではキャットシャークなんですねぇ。ネコザメって言うのも別にいるんですが。。
ちなみにネコザメは英語でJapanese bullhead sharkといいます。

漢字では 犬鮫

サメは漢字で、魚偏に交わるで鮫と書きますが、これはサメが魚類には珍しく交尾をすることに由来しているんですよ~。体内受精をして卵を産むんですね。


f0178313_23511276.jpgこちらはおまけです。ネコザメの卵!らせん状になっています。
こちらは下田海中水族館に行った時に撮った写真です。
ここもおもしろかったなぁ。
一人で行ったのですが、昼過ぎから閉館するまでいました。
水槽はもちろんですが、イルカショーやラッコの餌やりをみたり、フンボルトペンギンと写真を撮ってもらったりしました。
たった一人でフンボルトペンギンに囲まれた時は、さすがに少し恥ずかしかったです。


このパソコンこわれてるのかなぁ?たまになんですけどブログとかホームページを見ようとすると、文字しか出てこず、画像が出てこなかったりするんですよね。何を見ても文字だらけ。。

やっぱりパソコン苦手な私です。
[PR]

by adachi-naoko | 2008-07-15 00:47 | NAOFISH

サンシャイン国際水族館1 毒ウツボの巻

今回は、昨日のブログでは軽くスルーした、水族館部分のことを書きたいと思います。

まず入ってすぐ右側を見ると円柱形の水槽いっぱいに泳ぐマイワシ達!「 おいしそ~ 」
(関係ありませんが、立川に「いわし屋」というお店があります。水槽の新鮮な鰯を調理してくれるのですが、リーズナブルで美味しくてオススメです。是非!)

そして次に目に入ったのが、回遊水槽!こちらには亜熱帯の美しいお魚、エイやサメ、ドクウツボなんかがいました。土曜日なので人が多すぎて見れませんでしたが、餌付けショーもやっていて楽しそうでした!


f0178313_1241668.jpg←こちらがドクウツボです。全身が黄色、または茶色っぽい色で、全身に黒い斑点があり、いかにも恐ろしい姿をしています。
体長は1.5mくらいでしたが、大きいものになると、2mを超えるものもいるそうです。

体長3m、重さはなんと!30kgという個体も見つかっているそうですよ。


ドクウツボはインド洋から太平洋にかけての熱帯の海に広く分布し、サンゴ礁や岩場に見られます。日本では南西諸島周辺の海に見ることが出来ます。
とは、海の生物図鑑からの引用ですが、えーっと南西諸島って沖縄の方か?奄美大島だったかなぁ?・・・あ~ん、わかんないよ。バカバカっ

毒ウツボというぐらいですから、ちゃんと毒をもっています。とはいっても、武器としての毒ではなく、食べると中毒を起こしてしまうタイプの毒素のようなものです。※シガテラ毒といいます。胃腸障害や、麻痺や幻覚を引き起こすそうなので、良い子の皆さんは食べないでね。

※シガテラ【ciguatera】 by広辞苑
エサの藻類によるものとされる。・・・・・神経、胃腸に障害がおこる。

毒ウツボは肉食なので、藻類は食べないんだと思います。
藻類などにあるシガテラ毒が、食物連鎖の上位になるにしたがって、体内で濃縮されていき、ピラミッドの最上位の方に位置する毒ウツボあたりになると相当な濃度になるのかも・・・

f0178313_1493696.jpgほらっ、こわいでしょ!格好いいなぁ~
この写真は妹が喫茶コーナーで寝てしまってからまた戻り、10分以上も水槽にかじりついてやっと撮った写真です。
ウツボは歯が鋭く、あごも強いです。怒らせてしまうと噛み付くこともありますので、もし見かけても近寄らないようにしてくださいね。噛まれると痛いだけじゃ済まないかも知れないので・・・

ちなみに私は、ダイビング中にも見かけたことがありません。

ドクウツボ
硬骨魚鋼
うなぎ目
ウツボ科
ウツボ属

英名 Giant moray
漢字では 魚偏に単って書きますが、パソコンでは変換されませんでした。



うつぼだけでこんなに長くなっちゃった。続きはまたにします。


f0178313_1542741.jpgイルカ帽をかぶってみました~。目指せ魚君!

最近気がついたのですが、ブログって自分の好きなことばかり書けるからなんだか楽しいです。


だってお友達との食事中にウツボの話しとかしていたらきっと嫌われちゃうもん。
「前から思ってたんだけどさ、なおちゃんってキモイよね。ドクウツボとかって意味不明だしぃ」とか言われちゃったりしてさ。。そんなのイヤだもん。

その点ブログはいいですね~
あ、でもこんなことばかり書いていたら誰も読んでくれなくなっちゃうかなぁ???

ちょっと心配です。
[PR]

by adachi-naoko | 2008-07-14 02:10 | NAOFISH